薬剤師メイン おすすめ書籍・マンガ③ 「異世界薬局」

医療系 おすすめ書籍・マンガ

異世界薬局

©KADOKAWA

異世界もので遂に薬剤師が脚光浴びた!!と喜んで読んだ作品です(笑)
✨ 純粋に嬉しい✨薬剤師ってなんとも地味な仕事なので^^;

主人公は異世界ものにありがちな過労死で子供に転生、チート能力と生前の記憶で人々を救い、認められて「異世界薬局」を開業、さらに多くの人々を治療して救っていくというお話です。

薬局開業してくれるんですよ、薬局薬剤師が主人公なんですよ…(感涙( ;∀;)

主人公は薬学研究に勤しむ研究者で、志半ばで過労死して宮廷薬師見習いのファルマとして転生
生前の薬学の知識を活かして異世界の治療法を正して医薬を普及し、大勢の人々を救います。薬神の生まれ変わりと周囲から崇拝と畏怖されることにもなります。
神術という魔法が使え、自身が正確にイメージできるありとあらゆるものを想像したり、消滅させたりできるという能力の持ち主です。
そしてその能力を無尽蔵に使えるという…正しくチート能力ですね。

チート能力あり、ご都合主義はいわゆる「なろう小説」らしいですが、作者が現役の研究者なんです。それだけでなく多数の研究者・専門家が協力して正確な科学考証がなされているので、物語で描かれている科学・医学・薬学等についてはなろう小説とは一線を画しています。

実際現在の医療で使われている薬の成分の名前や、原材料の化学式などが出てきますので薬剤師としても結構楽しく読めると思います。
またコミック版の絵柄が可愛らしく、物語自体は単純で主人公のファルマがチートなのでサクサク話が進んで読みやすいと思います。
ヒロインたちも可愛く、チートな主人公は慕われているのでハーレムっぽいお話が好きな方にも楽しんで貰えるかと。

主人公がチートなだけあって泥臭い話ではありません。また主人公が子供の姿で大活躍するお話なので、お子さんも興味を持って読んで貰えるだろう本になっています。

病院や薬局の待合室において薬剤師の啓発活動されるのは如何でしょうか?(笑)
この本をきっかけに今まで薬剤師に関心の無かった人が、薬の事や薬局の事、薬剤師の仕事に興味を持ってくれたら嬉しいですね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました