相談に乗って❕ コンサルタントが強みの薬剤師転職サイト 3選

薬剤師転職 薬局転職 年収アップ

コンサルタントが売りの薬剤師転職サイト

薬剤師転職サイトの中にはコンサルタントに力を入れて転職活動を支援してくれる会社があります。
国家資格持ちのコンサルタントがいる会社や薬剤師免許を持ったコンサルタントもいる転職サイト、コンサルタントが親身になってくれることが売りの会社もあります。
もちろん、殆どの薬剤師転職サイトにはコンサルタントが在籍しており、優秀なコンサルタントが相談にのってくれる時もあります。

今回はその中でも特に会社自体がコンサルタントに力を入れている事を特色として挙げている転職サイトを3つご紹介します。

他にも特色を上げて紹介している記事があるので良ければこちらもご覧ください。

また筆者自身が登録した転職サイトや選ぶ徳の考えなどをまとめた記事もあります。

薬剤師ベストキャリア 国家資格キャリアコンサルタント在籍❕

〇医療・介護系人材紹介会社「日本メディカルキャリア」が運営
国家資格キャリアコンサルタントが多数在籍
キャリアアドバイザー(コンサルタント)の個人紹介がある!顔写真付き!
〇キャリアアドバイザーによる転職コラムなどのサービスあり
〇医療・介護専門の転職サポート20年の実績
〇リンク先:医療・介護専門の転職サポート20年の実績【薬剤師ベストキャリア】

医療・介護系人材紹介会社「日本メディカルキャリア」が運営しています。
余り聞いた事がないかもしれませんが、医療・介護専門の転職サポート会社で20年の実績があります。
以前の社名は「CBキャリア」「キャリアブレイン」です。
以前の名前なら知っている方もいらっしゃると思います。
運営している薬剤師ベストキャリアでは国家資格キャリアコンサルタントが多数在籍しています。
またコンサルタントの方々が顔写真付きで紹介されている上に、転職関連のコラムなど書いており、読むと役立つ情報や面白い話が書いてあっておすすめです。

国家資格キャリアコンサルタント?と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。
あまり知られてないですが、キャリアコンサルタントという国家資格があります
ただ2016年に新たに出来た国家資格であり、認知度もまだ低く、殆どのコンサルタントの方は国家資格なしでキャリアのコンサルティングされています。
とは言えむしろ無資格の方が大多数で、もちろん違法ではないです!
では国家資格キャリアコンサルタントとはそもそもどういった資格なのか?
この資格を持つ人とはどういった方なのか?
簡単にまとめました。

          国家試験キャリアコンサルタントとは?
〇厚生省認定の職業能力開発促進法に定められた国家資格
働き方だけでなく生き方もサポートするキャリア形成支援のエキスパート
〇キャリアコンサルティングに係る実務経験が3年以上、もしくは厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した方のみ受験資格がある

キャリアコンサルタントとは、一人ひとりの“自分らしい”生き方・働き方をサポートするキャリア形成支援のエキスパート」である事が求められる資格です。ここでのキャリアとは仕事や経歴だけの話ではなく、クライアントの生活や生き方なども含まれています。
つまり薬剤師としての転職活動の支援だけでなく、貴方個人の人生設計も含めて相談に乗って貰えるという大きな利点があります。正直なところ中々自分のライフキャリアを相談する機会なんてないですし、また自分の中で設計があったとしてもそれが正しいのかどうか相談できる場所もありません

私を含めた多くの薬剤師の方は多額の奨学金を背負っていますし、家族や将来の事、お金のことを悩んでいる方もいらっしゃると思います。お金の事ならファイナンシャルプランナー(FP)に頼る方法もありますが、そもそもどこのどんなFPに頼ればいいのさ!?って話ですし、無料のところは保険売りつけてくる地雷FP多いし(実体験あり(笑))。。

もし、悩んでいて友人・親族以外の意見を聞いてみたいという思いもあるのでしたら一度【薬剤師ベストキャリア】 転職相談と共にライフプランについても相談されてみてはいかがでしょうか?
自分の将来を見直す良い切っ掛けになるかも知れません。

ヤクマッチ薬剤師 薬剤師免許を持つコンサルタントが在籍❕

〇医療系人材紹介会社「スプリングフィールド株式会社」が運営
薬剤師免許を持つコンサルタントが在籍
国家資格キャリアコンサルタント在籍
マッチングの精度が売り
現場薬剤師だけでなく実習生も聞き取り対象
〇リンク先:薬剤師免許を持ったコンサルタントが在籍!薬剤師転職ならヤクマッチ

医療系人材紹介会社「スプリングフィールド株式会社」が運営しています。
まだ若い企業ですが、大変面白い特徴があります。人材紹介サイト人材紹介会社でありながら、薬剤師・看護師免許等、医療系の国家資格を保有する社員が複数在籍しているのです。また国家資格キャリアコンサルタントも在籍しており、同業者とも専門家とも話が出来る転職サイトです。

薬剤師免許を持つコンサルタントが在籍しているのはとても珍しいです!
薬剤師が社内に多く在籍しており、現役薬剤師ならではの悩みとか気持ち(病院での肩身狭い(どころか無い)とか!薬局のお局事務がめっちゃ怖いとか!とか!)気兼ねなく話せるのは正直ありがたいです(笑)
ほかの業種の人だと感覚的に分からない事も多いですし、一から話すには長くなるし、全容を言うのは憚られるからニョアンスで伝わって欲しいという事もあります。
細かなニョアンスが伝わりやすいという前提で転職相談が出来るのはスムーズさも違いますし、言いたい事が言いやすくて不満も残りにくいと思います。

またヤクマッチ 精度の高いマッチングを最大の強みにしています。
クライアントへの細かいヒアリング転職先へのリアルな情報入手を大事にしており、情報入手については求人募集先だけでなく現場の薬剤師、実務実習生の3方向からの情報収集により精度の高い情報を得ています。
ですので会社の提示する平均の残業時間や昇給率、会社の雰囲気等と、現場職員・実習生の経験による情報との違いも知る事が出来ます。(あまりに違い過ぎてたら怖いですが^^;)
こういった話は中々聞けるものでもないですし、こういう地道な聞き取りを大事にしてくれているのは中堅企業だからこその強みだと思います。

薬剤師の友人には相談しにくい事なども含めて、同じ薬剤師であるコンサルタントの方に転職相談してみたいという方はおすすめです
また細かい薬剤師あるあるなどを共感しながら就職相談したいと思われている方にもいいと思います。
また薬剤師転職についてだけでなく、ライフキャリアについても相談できる国家資格キャリアコンサルタントも在籍されているので時間がマッチングできれば相談できます。

マイナビ薬剤師

〇医療系人材紹介会社マイナビが運営するサイト
薬剤師転職利用者満足度No.1(2019,楽天インサイト)
〇求人採用薬局や病院に対してコンサルタントがヒアリング&現場確認している
コンサルタントが親身に相談に乗ってくれる
〇リンク先:マイナビ薬剤師

大手医療系人材紹介会社マイナビが運営するサイトです。
上記2件はいわゆる中堅の薬剤師転職サイトですが、マイナビ薬剤師は大手のサイトになります。
当然求人搭載数も多く、薬剤師登録数も多いです。それ故のノウハウもあり、選択肢は広がります。
また薬剤師転職支援サービスの「利用者満足度No.1」の評価を得ています。(2019,楽天インサイト)
一人あたりの平均紹介求人数は『19.5』件と豊富です。

マイナビ薬剤師は大手の中でもコンサルタントが親身に相談にのる事を強みにしています。
コンサルタントは採用を実施する薬局や病院に対してヒアリングと現場の様子を確認しています。
更に面接対策や給与や休日の交渉も頼めばしてもらえます。大手だとコンサルタントが付いていても他の案件が同時進行の為レスポンスが遅い事もあり、事前交渉の要望自体をやんわりと断られる事もあります。(実体験あり(苦笑))

その点マイナビ薬剤師はコンサルティングを他の大手よりも売りにしているので頼みやすいです。
そもそもワガママ自体をあまり言わない人も多いと思いますので、少しでもハードルが低くなればと思います。薬剤師ってどうして我慢強いというか、我慢しちゃう人がこうも多いのでしょうかね?
と言いつつ筆者もついつい我慢して疲弊してしまうタイプなのですが^^;

まずは大手でコンサルタントと話してみたいという方、転職にあまり時間を掛けたくないが、要望もある程度聴いて欲しいと思われている方にお勧めです。大手なので安心ですし、薬局や病院、企業や学術んど幅広く職を探せるのも利点です。

最後に

いかがだったでしょうか?
今回はコンサルタントが強みの薬剤師転職サイトを3つ紹介しました
MR希望や他学部経験のある人は別ですが、就職のための企業研究などをした事の無い人が薬学部卒の殆どだと思います。
国家試験に追われて就職がおざなりで入り、後悔した人もいるのではないでしょうか?
やっと資格を取ったにもかかわらず劣悪な環境で薬剤師としてのスキルを安売りしている人もいるかと思います。求人を見て自分の年収が驚くほど低かったという経験も…筆者がそうでした(笑)

学生時代は国家試験勉強に追われ、社会人では業務に追われて、今更会社について研究するのは辛い
転職はしたいけど自分にマッチした会社を調べる余裕がないという方は一度転職サイトのコンサルタントに相談されてみてはいかがでしょうか?
結果転職は止めたにしても、他の人の意見を聞くのは貴重な事です。
単純に人に話を聞いてもらうだけで整理できるものもあります。
煩わしいと思われる方もいらっしゃるでしょうが、一度試しに話されてみる事をお勧めします。
それでは皆さんの転職が上手く行きますことを祈っております。

こんな転職サイトもあるよ!こんな意見もあるよ!という方は是非コメントお願いいたします。
また転職について筆者に聞きたい事ございましたらお気軽にご連絡ください。

最後まで見て下さってありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました