コロナ禍の薬剤師転職。。

薬剤師転職 薬局転職 雑記

コロナは薬局業界にも打撃

世間ではコロナ禍の業績悪化による倒産や、それに伴ってリストラされる方がいらっしゃいます。
勿論薬局薬剤師の環境も例外ではありません。中小規模の薬局では病院の来院数減少は経営に大きな影響を与えます。

特に耳鼻咽喉科、整形外科、小児科の門前に至っては医院が潰れてしまった!なんて事もありました。処方箋枚数の減少でボーナスが出ないどころか、M&Aによる売却なども多くなっています。

薬剤師転職にも影響あり

薬局業界に影響が出ているという事は当然ながら転職にも多大な影響が出始めています。薬剤師転職は基本的に売り手市場ですが、コロナ禍では様相が違ってきています

大前提として地域格差はあります。その上で、以前よりも断然募集が少なくなっています。
特に年収高めの正社員の募集が少なくなっており、パートや契約社員も少なくなっている印象です。
代わりに調剤補助(事務員)の募集が増えているように見えます。薬局に方針にもよりますが、この業績悪化を機にコストカット重視へ移行する会社もあるようです。

勿論、薬剤師でなければできない業務が中心なので今すぐ就職難になるとは言いません。しかし特に経済が芳しくない今は、薬剤師とて自分の希望に見合った転職をするのは難しくなっています。

就職難でも上手く転職するためには

結論から言いますと、何より情報の数がモノを言います
友人・知人からの紹介、転職サイト、ハローワークと情報を得る機会は様々あります。
なるべくアンテナを張って、それらの媒体から情報を得る事が大事です。

友人・知人の紹介

薬剤師仲間からの紹介はある意味確実です。
紹介なら他に対抗馬がいてもほぼ出来レースで入る事が出来るでしょう。
ただ一度紹介されると職場環境が劣悪な場合でも中々辞めにくく、その後の友人関係にも影響があるのが怖い所です。
もし自分の希望に見合った年収や福利厚生、職場環境ならばぜひ紹介してもらう事をお勧めします。
また、友人がやたらと自分の会社に入社する事を勧めてくるという事例もあります。
勿論、一緒に働きたいと思ってくれていたり、いい会社だと紹介してくれている場合もありますが、紹介料として会社から金銭が授与される場合もありますので、その点はご注意を。

転職サイト

薬剤師転職では一番利用されている媒体です。友人や知人を介する煩わしさはありません(笑)
しかも働きながらの転職活動ですと夜に活動する事が多く、その点も考慮して転職サイトのエージェントの方がコンタクトを取ってくれます
転職サイトで希望の勤務地や勤め先(薬局・病院・企業など)、就職形態(正社員・契約社員・パートなど)などを入力し、その後の詳しい話はエージェントさんと電話でやり取りをするという形が一般的です。
メールではなく電話が基本になります
どうしても電話が苦手で、エージェントさんを介するのも苦手という方はオファー型と言って、自分の経歴を入力してそれを見て企業側からオファーが来るのを待つという方法もあります。

個人的には大手の転職サイトに1~2社登録しておいて、更に、自分一人にエージェントを付けてくれるタイプの転職サイト1社オファー型の転職サイト1社登録して求人を見れば、今の自分の価値が分かると思います。
自分値段の最大値と最低値が分かって、不謹慎かもしれませんが面白いです。
今後自分のスキルアップや年収アップを狙うためにも一度自身の価値を知るのは良い事だと思います。

ここまでして自分の希望に見合った条件が一つも見つからない場合は、正直現状で貴方では力不足な希望だという事です。
もし希望に近づきたいならば、波長の合うエージェントさんに、どういう経験や資格があれば良いのか一度相談してみてはいかがでしょうか?

ハローワーク

ごく稀に掘り出し物が見つかる、という印象です(笑)
筆者は再就職手当をもらう為に行った記憶しかありません!
こちらも地域差があるとは思いますが、それほど良い求人があるようには思えませんでした。
転職サイトと同じものがあるか、初めましての求人も転職サイトに依頼するのをケチってハローワークに載せている薬局だったというオチ付きのモノもありました。
それとこれは仕方ないのですが、職員さんの質の差の激しい事!
お役所仕事なのでね、分かってはいるんです。
けど、薬剤師としてはかなり低い給料の求人引っ提げて「年収400万はありますよ!」とか言われても、言われても。。薬学部の学費舐めないで下さい、本当に。返済したらこっちはカツカツなんですよと思わず愚痴りたくなる求人を相場無視して勧めてくる方もいらっしゃります。
いや、相場知っている方もいらっしゃるんですよ?ただハズレの方に当たった時の疲労感は、私は半端なかったです。(笑)
ただごく稀に良物件があり、上手くソレを引いて就職した友人もいますので、一度求人を覗いてみるのはいいかも知れません。掘り出し物が見つかって、即転職成功!となるかも。

以上が、転職採用情報を手に入れる主な媒体3つになります。
いかがだったでしょうか?
これから転職情報を手に入れる方の参考になれば幸いです。

最後に

コロナ禍でも基本的にやる事は一緒です。
アンテナを張って情報を集め、その情報を振り分けてより自分にとって理想の転職先を見つけて下さい。
出来るならば、じっくり腰を据えて情報を集めつつ、本来の売り手市場に戻った時に自分を高く売れるよう準備をするのが理想だと思います。
ただこのご時世で経営状況が悪化し、不当な環境に身を置いている方もいらっしゃるでしょう。
また人間関係が悪化して、心身を害する方もいらっしゃる中、そこに暫くとどまって欲しいというのは酷な話です。
そういう方の為にコロナ禍の転職活動で何よりする事は、情報集めです。
くどいようですが、これが真実です
幾ら能力があってもその自分を高く評価してくれる会社の存在を知らなければ宝の持ち腐れです。
更に言えば、能力は同じでもより良い条件で採用している会社を知っていればその時点で格差が生まれます。
どうか皆さん、転職活動を疎かにしないで下さい。
薬剤師としてなら何処かには働ける分、皆さん疎かにしがちです。
けれど後で貴方自身が悔しい思いをすることになります。
面倒だと感じるのは重々承知ですが、複数の媒体を使ってなるべく多くの転職採用情報を集めた上で会社を選んでいただけると幸いです。

どうか皆さんの転職活動が上手く行きますように!

最後まで見て下さってありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました